Home > vol.83,イケメン解体新書 > イケメン解体新書
イケメン解体新書 Vol.39 GUEST : 味方良介  PAGE : 1/3 >
ヘアメイク:AOKI/HIKOHO ヘアメイク:AOKI/HIKOHO

女子たちの心をとらえて放さない美男たちに、普段は聞けないあんなことやこんなことを突っ込んで聞いていく人気コーナー!
今回のゲストは、数々の舞台に引っ張りだこの実力派俳優・味方良介くん!12月から始まる『ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-』へ向けてのアツい意気込みから、プライベートでのこだわりまで、たっぷりと伺いました☆


プロフィール

プロフィール画像 味方良介
(みかた・りょうすけ)


2011年に『恋するブロードウェイ♪』にて役者デビュー。その後もミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズンを筆頭として『薄桜鬼』『We are ウォンテッド!』『ボーイバンド』、『ライチ☆光クラブ』、『回転する夜』『グランドホテル』『新・幕末純情伝』、舞台版『こちら葛飾区亀有公園前派出所』、『テイクミーアウト』『熱海殺人事件』『リメンバーミー』『MOJO』『ウエアハウス』等、多くの舞台に出演。


■味方良介オフィシャルブログ「遏雲の曲」
https://ameblo.jp/mikata-ryosuke/







画像

『ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-』についてお話を伺いました♪


画像

―毎回人気の高いミュージカル『黒執事』。出演が決まった時の感想は?

原作もののミュージカルは久々で、振り返ってみると意外とやっていないなと思って。1年ほどオリジナルの舞台で経験を積んだこのタイミングで出演できるのはすごく有難いです。人気シリーズだからこそ、そこに乗っかるというのではなく、自分が良いスパイスになれたら良いと思います。

―演じられる役のキャラクターについて教えてください。

正直、ミュージカル『黒執事』を観たことはあるんですが、今回演じるキャラクターについては殆ど知らなくて、初めて観る人と同じ目線にいると思います。
僕は、原作がある作品のときに、あまり原作をなぞるというよりまず自分なりにそのキャラクターと向き合うことを意識します。もちろん原作の大切な部分を崩さずにです。その中で初めて観る人も、ずっと観てきた人も、新鮮に見てもらえたら良いなって。それが例え期待に沿わなくても、100人が100人良いっていうほうが少ないなか、それを100に近づける作業を心がけてます。

―共演者の方とは会われましたか?

まだ稽古が始まっていないので、あまり会っていないですが、いま僕が出演している舞台に『黒執事』のこれまでのこのシリーズに出演している方がいるので、「どんな感じなんですか?」っていう話はしています。

―有力な情報は得られましたか?!

それが有力な情報を全然出してこないんですよ(笑)でも良いカンパニーだよっていうことでした。

―今作の中で「ここに注目して欲しい!」という部分を教えてください。

やはり芝刈り機での殺陣です!刀での殺陣はあるけど、芝刈り機の殺陣は観たことがないです。かっこよくするの難しいですよ(笑)

―数々の舞台に出演されている味方さん。2.5次元の舞台の難しさと面白さとは?

原作ものはお客さんの観る目が怖いですね。今回のように原作人気が高いと、かなり厳しい目で観られるので。
お客さんの目線、演出家の目線、脚本家の目線…と色々ある中で、それを凌駕する存在になりたいと思っています。「このキャラってこうでしょ?」じゃなくて、その上をいかないとなぁ~と。理想ですけど(笑)。
2.5次元ということにとらわれず、原作を大切しにながらも自分でも考えて作りたいですね。『黒執事』は10年以上続いているミュージカルで、それはやっぱり作り手が真剣だからだと思うし、僕もそこにトライしていきたいです。

―2.5次元の舞台では「再現度が高い」というのが褒め言葉として使われますが、目指すのはそこではないんですね。

僕は2.5次元の舞台をやるときに「このキャラはそんなことしません」って結構怒られるんですが、「いや待ってくれ!漫画は1コマしかないけど、その瞬間に至るまでに色んな感情があるはずです!だからこうしたいんです!」と話し合いを重ねて作り上げてきました。

―たしかに、キャラクターの裏側のストーリーまで見えないですものね。

そうです。例えば必殺技を放つまでに何か感情があるはずだし、ピースをするまでの気持ちがあるはず。

―役作りにはかなり時間をかけられるんですか?

時間もかけますし、あとはその場で作っていきます。読み合わせをして「あ、こんな風にセリフが出たな」とか「あの人がああ動くと、こう動くな」とか。決めきって行くとそれ以上何もないから。自分で自分の最大を決めず、余白を残しながら役作りをします。

―公演に向けての意気込みをお聞かせください。

久々にミュージカルをやるので、新たなスタートラインだと思っています。僕のことを知らない人もたくさんいると思いますが、「こんな風に2.5次元を作るのもありなんだ!」って思ってもらえるように、しっかり稽古して、楽しんでやります。
年末年始、12/31も1/1もやります!僕らも正月返上でやります!(笑)ぜひ楽しみに観に来てください。



次ページからイケメン解体スタート♪>>


次のページ


PAGE : 1 2 3

「SK2」 へのリンク
究色タイツ特設サイト バナー
はじめようヨガライフ バナー