Home > vol.83,イケメン解体新書 > イケメン解体新書
イケメン解体新書 Vol.38 GUEST : 遠藤健慎  PAGE : 1/3 >

女子たちの心をとらえて放さない美男たちに、普段は聞けないあんなことやこんなことを突っ込んで聞いていく人気コーナー!
今回のゲストは、注目の演技派若手俳優・遠藤健慎くん!ドラマ『明日の約束』(カンテレ・フジテレビ系)では、物語のキーとなるミステリアスな男子生徒役を演じる健慎くん。その素顔気になる素顔を解体しちゃいます!


プロフィール

プロフィール画像 遠藤健慎
(えんどう・けんしん)


2000年11月24日生まれ、静岡県出身。映画『ホットロード』(2014年)で主人公の弟・春山強役を演じて注目を浴びる。2016年には映画『がらくた』で主演を務め、2017年は映画『グッバイエレジー』、短編映画『なぎさ』、ドラマ『明日の約束』への出演と、着実にステップアップを重ねている要注目の演技派若手俳優!






画像

ドラマ『明日の約束』についてお話を伺いました♪


画像

―連続ドラマ初出演となる今作。出演が決まったときの感想をお聞かせください。

電話でオーディションの結果を聞いたんですが、かなり時間が空いて諦めかけていた頃だったので、最初は何が起こったのかわからず茫然としてしまいました。それからお父さんやお母さんに話して、「おめでとう」って言ってもらえて、やっと実感がわいてきました。

―複雑な心情を抱える不登校の男子生徒という難しい役柄。演じてみていかがでしたか?

僕が演じる圭吾は、感情を表に出せる相手と出せない相手がいるので、このシーンは感情を見せても良いけど、このシーンはダメっていう切り分けが難しかったです。

―ご自身とも同年代の役ですが、共感できる部分はありますか?

周りに「毒親」っていうようなお母さんはいないですが(笑)お母さんが厳しいという友達はいるので、そういう人達が感じている以上に圭吾はプレッシャーを感じているんだなと思って演じています。

―ご自身の家族と比べてみていかがでしたか?

僕は母親と仲が良いほうなので、台本をみて「こういう人って本当にいるのかな?」と思いました。

画像

―ドラマのキーワードにもなっている「毒親」。どんな「毒」があるのでしょうか?

第1話のエピソードで言うと、圭吾が内緒で家を出て、帰ってきたときに靴の位置が微妙にズレてしまうんです。そのズレだけで出かけたことがばれてしまう。携帯電話も管理下に置かれているし、服も靴も全部管理されているんです。過保護というのを通り越して、怖いと思いましたね。

―そんな「毒親」を演じるのは仲間由紀恵さんですが、現場で実際に会われてみていかがでしたか?

ずっとテレビで見てきた方なのでオーラもすごいですし、最初は話すことができないと思っていました。でも実際にお会いしたら、すごく優しく話しかけてきてくださって、役名が圭吾なので「圭ちゃん」って呼んでくれて嬉しかったです。及川(光博)さんも話しかけてくださって、いじってくれたりもするんです。そういう時に「圭ちゃんをいじめないで」って優しくかばってくれます(笑)

画像

―今回は繊細な男子生徒という役柄ですが、役者として今後演じてみたい役柄は?

刑事ドラマとか、本格的なアクションに憧れています。刑事ドラマだと『CRISIS』が大好きで、アクションで言うと『るろうに剣心』の実写映画は本当に見ていてカッコ良くて、自分もやってみたいと思いました。

―『明日の約束』をこれから見る方へメッセージをお願いします!

このドラマは、最初に僕が演じる圭吾が死んで、その謎を今後解明していく内容なのですが、それだけではなくて途中で更なる問題が発生したり、視聴者の方を驚かせる展開がたくさんまっている作品です。1話見逃しても、次の話から見てもまた面白いと思っていただけると思うので、ぜひ楽しみにしていてください。



次ページからイケメン解体スタート♪>>


次のページ


PAGE : 1 2 3

「SK2」 へのリンク
究色タイツ特設サイト バナー
はじめようヨガライフ バナー