Home > 特集,vol.71 > 特集 DD独占インタビュー
特集 DD独占インタビュー 玉城裕規×植田圭輔×百瀬朔 「曇天三兄弟の絆」  PAGE : 1/2 >
5月27日(金)~上演の舞台『曇天に笑う』再演。同タイトルの原作漫画、アニメ共に大人気の今作で、主演を務めるのは、玉城裕規さん(長男 曇天火役)、植田圭輔さん(次男 曇空丸)、百瀬朔さん(三男 曇宙太郎役)の最強3兄弟!
今回は製作発表を終えたばかりの3兄弟に、舞台の魅力や稽古場の裏話を伺いました!


Profile

画像

玉城裕規(たまき ゆうき)
1985年12月17日生まれ。沖縄県出身。舞台『弱虫ペダル』、舞台『青の祓魔師 ~魔神の落胤~』、舞台『ライチ☆光クラブ』を始め、人気舞台に数多く出演する実力派俳優。

玉城裕規オフィシャルブログ
>>http://ameblo.jp/official-tamaki/


画像

植田圭輔(うえだ けいすけ)
1989年9月5日生まれ。大阪府出身。2006年、第19回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのファイナリストに選ばれ、2007年に俳優デビュー。舞台『弱虫ペダル』、舞台『K』など数多くの舞台を中心に活躍中。

植田圭輔オフィシャルブログ
>>http://ameblo.jp/keisuke-ueda/
植田圭輔公式チャンネル「うえちゃんネル」
>>http://ch.nicovideo.jp/uechannel


画像

百瀬朔(ももせ さく)
1994年7月8日生まれ、兵庫県出身。TVドラマ『仮面ライダー鎧武』、『贖罪の奏鳴曲』、舞台『タンブリングFINAL』などTVや舞台、映画と幅広く活躍中。

百瀬朔オフィシャルブログ
>>http://ameblo.jp/ha-momosack87/



―2.5次元だと思ったら負け!?エネルギッシュな舞台

―今回の製作発表は、一般のお客様の前で殺陣を披露するという珍しい企画でしたね!

 玉城  僕等もあんなにお客さんの近くで殺陣をするのは初めてでした。

 植田  本番の舞台と違って効果音などは入っていなかったですが、音楽の演出で、本番の舞台のような雰囲気は感じていただけたかと思います。

―昨年の初演ではチケットが即日完売したという人気作。演じてみてわかる本作の魅力とは?

画像

 玉城  この作品は漫画が原作ですが、舞台は漫画ともアニメとも違う、舞台ならではの『曇天に笑う』になっていると思います。物語のベースはもちろん同じですが、生身の人間が演じるので、登場人物それぞれも舞台バージョンのキャラクターになっていますし、そこが魅力の1つかと思います。

 植田  やはりエネルギッシュなところが、この舞台の魅力だと思います。僕もこの舞台は漫画やアニメとは別物だと思っていて、原作との違いに最初は戸惑うこともありましたが、みんなの呼吸を合わせるとか、深い人間力がある舞台なので、これまでの自分には全然なかったものを経験させてもらっていますね。

 百瀬  原作自体がすごく面白い漫画であるというのは人気の理由の1つだと思いますが、それだけに頼らない舞台ならではのものを作ろうと頑張っています。それには過酷さもあるし、考えることも多く、鍛えられる部分がすごくあるので、そこが作品にそのまま出て、魅力になっているのかなと思います。

―2.5次元の舞台を演じる上で難しく感じることは?

画像

 玉城  難しいと思うことはあまりなくて、原作を元に役作りをするかゼロからするかの違いだと思うんですが、今回の舞台に関しては2.5次元という感覚がないですね。もはや演劇のオリジナル作品と呼べるぐらいのものになっているので。
基本的には原作をお借りしている場合、僕等は役者として、原作に寄せる作業をして、そこからオリジナリティを出そうとするんですが、今回は台本を見て役作りをしています。でも、だからこそ原作との違いに葛藤する部分もあって、そこはこの舞台ならではの不思議な感覚ですね。

 植田  確かに、この舞台は2.5次元だと思ったら負けですね(笑)

 玉城  チョビさん(演出の菜月チョビさん)に負けるね(笑)

 植田  製作発表でも「一生会いたくないと思われるぐらい嫌われてもいい」というぐらいの覚悟で役者陣に臨んでるとおっしゃってましたからね。みんな青ざめたよね。

 玉城  僕は次の舞台ですぐ会うんだけどね(笑)でもそのぐらいのことを言っていただけると、こちらも全力で臨まなきゃというやる気が出ますよね。

 百瀬  そっか、ガンガン来いよっていうお許しが出たということですよね(笑)
僕自身はこの作品が2.5次元といわれる舞台は初なんですが、衣装も時間をかけて作ってくださっているし、原作のキャラクターに寄せることを敢えてしなくても、そこはお任せして良いのかなと思っています。演じるのは僕自身なので、「僕だったらこういう風にやる」という部分を見てもらいたいです。

―天真爛漫な長男、真面目な次男、無邪気な三男というキャラクター。ご自身と役との共通点はありますか?

 植田  玉城さんと天火の共通点は、華があるところですね。

 玉城  月下美人の花かもしれないよ。年に1回しか咲かない(笑)
植田くんと空丸は真が強くて、思ったことに対して純粋に突き進む部分が似ていますね。突き進み方はわからないけど、本質の部分がね。

 植田  僕のほうが突き進み方がイノシシっぽいかもね。

 玉城  そうだね(笑)朔ちゃんはそのままだよね。朔ちゃんが生きた目をしていたら宙太郎だね(笑)

 百瀬  生きてるじゃないですか!最近みんなに「死んだ目してる」って言われるんですよ!

 玉城  こういう可愛らしさが似てるよね。

 植田  人懐っこいところとかね。いつも圭ちゃん(細貝圭さん)と追いかけっこしてるんですよ。まず朔ちゃんがちょっかい出してるよね。

 百瀬  意外と圭くんからのときもあるんですよ!

 玉城  昨日なんて朔ちゃんに、いきなり耳に指入れられましたからね。

 百瀬  そこに耳があったので。

 玉城  考え方がまっすぐですなぁ!(笑)

>>NEXT
3人が「どうしても抜けだせないこと」とは…!?


PAGE : 1 2

「SK2」 へのリンク
究色タイツ特設サイト バナー
はじめようヨガライフ バナー