Home > 特集,vol.70 > 特集 DD独占インタビュー
特集 DD独占インタビュー 桐山漣 空想恋愛小説  PAGE : 1/3 >
加藤シゲアキ(NEWS)原作のドラマ『傘をもたない蟻たちは』で、恋愛小説が書けずに悩む小説家を演じる桐山漣さん。今回はそんな桐山さん自身に”恋愛小説のストーリー”を空想していただきました。桐山漣さんの理想の恋愛とは―?

Profile

1985年、神奈川県生まれ。2009年『仮面ライダーW』左翔太郎/仮面ライダーW役でテレビドラマ初主演。その後も数々のドラマ、映画、舞台、CM等で活躍。最近ではドラマ『まんまこと~麻之助裁定帳~』、『磁石男』、映画『呪怨-ザ・ファイナル-』、映画『群青色の、とおり道』などに出演。PHOTO BOOK「キリヤマ レン」発売中。
桐山漣オフィシャルブログ>>http://ameblo.jp/renn-kiriyama/

桐山漣の”理想の恋愛”
episode.1 出会い

意識はしていなかったけど、実はあの時会っていた…っていうシチュエーションは不思議な縁を感じるな。
例えば就活のセミナーで会っていて、その後どこかで出会ったときに「あれ?見覚えがあるな…」って思う。そして話しているうちに、前にも会っていたことに気づく…。

画像
episode.1 告白

もし女の子から告白されるなら?面と向かってだと構えてしまうから、不意打ちのほうがいいかな。会話の流れの中で、自然に言われて「あれ?今のってどっちの意味だろう?」みたいな、さりげない感じがいいかな。

画像
episode.1 デート

僕はあまりデートの計画をしないほうだから、その日の気分で決めたい。
例えば「来週焼肉を食べに行こう!」って彼女と約束していたとしても、仕事の付き合いで2~3日前に焼肉を食べに行っちゃったら、さほど盛り上がれない(笑)心から盛り上がれないと相手に悪いなと思ってしまうから、その日の気分で、二人で楽しめる場所に行きたい。

>>NEXT
桐山漣の“理想のプロポーズ”とは?


PAGE : 1 2 3

「SK2」 へのリンク
pairsバナー
究色タイツ特設サイト バナー
はじめようヨガライフ バナー