Home > MOVIE INFO,vol.60 > MOVIE INFO
MOVIE INFO 小林涼子が語る『大人ドロップ』の甘酸っぱい世界感  PAGE : 1/2 >

4/4(金)に公開される映画『大人ドロップ』。樋口直哉原作の青春小説を池松壮亮さん、橋本愛さん、小林涼子さんなどフレッシュなキャスト陣で実写映画化した本作は、公開前から話題沸騰中!
青春時代の甘酸っぱく懐かしい思いを蘇らせてくれるその作品の魅力を、メインキャストの小林涼子さんに聞きました。


今回の作品:『大人ドロップ』

画像

―今回の映画「大人ドロップ」原作を初めて読まれたときの印象を教えてください。

小林涼子: キラキラばかりではなく、喉がヒリヒリするような苦い想い、恥ずかしさ、を含んでいて、まさに青春!と。

―小林さんから見て、今回演じたハルはどんな女の子だと思いますか?

小林涼子: ハルはしっかりしているようで、誰よりも大丈夫じゃない女の子。ストレートに、ズバっと言葉を発するのに、見せない繊細さを含んでいて…
豊かで鮮やかで、いじらしく、愛らしい女の子になって欲しいと思いながら演じていました。
私はハルちゃん大好きです。

―前回DDにご出演いただいた際、映画が大好きと語ってくださった小林さん。今回の作品に出演するにあたり、参考にした映画などはありますか?

小林涼子: 参考にした映画はないです。
ただ、青春というと『スタンドバイミー』は鉄板ですよね。思春期、世界にワクワクしてなんだか無敵に感じる。
大人になりたいし、なりたくない。
そういう思春期特有の感じは大事にしたいなと。

画像

―作中ではハルの言葉が印象的に出てきます。大人が聞いてもハッとさせられるような台詞も数多くありましたが、小林さんが選ぶハルの名言第1位は?!

小林涼子: 「今この時期に経験しときたいことはちゃんと今経験しなきゃダメなの。 今じゃなきゃできないことって、案外多いよ。」 1位と言われたら、コレですかね。名言!!

―河津町をメインに撮影が行われたという本作。町ののどかな田園風景も魅力的に描かれていますが、ロケ地での思い出や驚いたことなどがあれば教えてください。

小林涼子: 伊豆はいたるところに足湯があって、最高です!
熱川の足湯にも行ったし、伊豆大川駅前の足湯も好きでした。

次ページ>> 共演者の橋本愛ちゃんと…?!

PAGE : 1 2

「SK2」 へのリンク
究色タイツ特設サイト バナー
はじめようヨガライフ バナー