Home > vol.58,イケメン解体新書 > イケメン解体新書
イケメン解体新書 Vol.9 GUEST : 河村隆一  PAGE : 1/3 >

今回のゲストは、イケメン解体新書Vol.2から引き続き、2回目の登場、世界を虜にする歌声の持ち主、河村隆一さん!!9月11日に発売するNEW ALBUM『Life』の聴きどころについてたっぷりお話を聞いてきました☆
解体新書では、河村隆一さんの恋愛について重点的に解体♡河村さんの初恋の相手や恋愛観が明らかに…!?


プロフィール

プロフィール画像 河村隆一
(かわむら・りゅういち)


ロックバンド・LUNA SEAのヴォーカリスト。ソロでは、その紳士でプリンスなキャラクターで世の女子たちを魅了。
世間では、超ロマンチストなイメージをお持ちの河村隆一さんですが、解体してみると意外な答えが連発!?
女性にとってもためになる恋愛話もたっぷりとございますので、これからはじまるインタビュー、ぜひ熟読しちゃって下さい…!



画像

New ALBUM「Life」についてのお話をうかがいます!


画像

―「Life」の聴きどころを教えてください。

僕もともとLUNASEAのRYUICHIとしてこの世界に入って、河村隆一としては97年にソロデビューしたんですけど、 今、河村隆一が提案するロックの在り方!っていうのを1枚のアルバムにしたくて、それが今回のアルバムの聴きどころだと思いますね。

―今回のアルバムのタイトルを「Life」とした理由を教えてください。

僕の人生自身はほとんどの時間が音楽と供にあったので、音楽=人生だなっていうのも含め、つけたタイトルでもあるんですけど、今、人の人生とか命とか、「Life」と言う言葉がすごく重要な時代だと思うんですよね。
そんな意味もあって作ってみました。

―タイトルになっている曲「LIFE」ですが、こちらの歌詞はとてもストレートな歌詞ですよね。

自分自身が大人になって、社会の一員になって、そういう意識が強くなってきて、ファンのひとたちの中には若い世代の人もいっぱいいるし、このアルバムを聴いてくれる人の中にもこれから社会に出ようとしている人達もいっぱいいると思うので、そういう人たちが自分の夢を見つけられる、自分の夢を叶えられる未来があったらいいなあと思って書いてます。

―今回はバンドLUNA SEAのメンバーである、INORANさん、SUGIZOさんが作曲された楽曲がありますが、どのような経緯でこのような楽曲提供に至ったのでしょうか?

神戸のイベントにSUGIちゃんとINORANと一緒に出たんですよね。
そのときに、今度のソロアルバムのイメージがロックなので、河村隆一が歌うロックを作ってくれない?って言ったら、2人に「いいよ~」って言ってもらえて、それでつくってもらったのがこの曲になります。

画像

―長年一緒に活動してきたバンドのメンバーが作られる楽曲は、ひと味違ったりするのでしょうか?

違うというかね、すごく安心感がある!
もちろん驚きがないわけではないんだけど、SUGIZOらしい、INORANらしいアプローチに満ちていると思うし、そういう音を聞きながら歌うのはとても心地いいな~って思いました。

―「Miss you」のPV、バンドスタイルでのプロモーションビデオにした理由は何でしょうか?

「Miss you」という曲も楽器の音をすごく大切に録音したいっていう思いがあって作った作品でもあるし、PVに関しても、僕がソロでロックをやるときも、メンバーのイメージとか、ライブのイメージも含めて人選して作ったPVなんですよね。なので本当にストレートで演奏しているシーンが撮りたかったんです。

―インストアイベントなどで握手会をされていますが、河村さんにとって、ファンの方と直接触れ合うことは音楽活動の原動力になりますか?

そうですね!元々バンド時代にも、まだメジャーデビューする前はファンのひとたちと一緒に打ち上げするっていうことも結構あったんですよね。
インディーズのバンドってそうやってファンのひとたちに支えてもらいながらメジャーデビューしていくと思うんだけど、メジャーデビューすると当然ファンの人達ひとりひとりと向き合う時間っていうのがなくなって、握手会とかもなかなか出来なかったりしていて。
でも最近、僕は自分のソロのツアーとかインストアイベントとかやらせてもらうときに、歌ったあと、ダイレクトに「今日の歌は良かった」とかそういった声をかけてもらえる。実際に目の前にファンの人がひとりひとり来てくれて「感動しました」とか「自分の人生は河村さんの曲に変えてもらった」とか、僕が勇気をもらえる言葉をもらえるんだなっていうのを実際に現場で感じて、『こんな幸せな時間を、何で今まで作らなかったんだろう?』って思ったので、これからも積極的にお客さんと会える機会を作れたら嬉しいなって思いました。 画像

―DDを見ているファンへのメッセージをお願いします。

最近は本当に変な時代と言うか、やっと日本は超不景気から軽い不景気に変わったかもしれないけど、まだまだ若い人たちが大腕を振って夢を叶えようと出発出来る時代ではないと思うんです。
DDを見ている人たちの中にも子供が居たり、自分自身が夢を追ってる人がいたりすると思うんだけど、このアルバムを聴いてもらって、大人がもっともっと頑張れる、夢を追いかけられる未来を願ってるっていうことを感じて欲しいし、このアルバムを聴いて是非そういう夢を叶える原動力にしていただけたら嬉しいなと思います。



次のページ


「SK2」 へのリンク
究色タイツ特設サイト バナー
はじめようヨガライフ バナー