Home > MOVIE INFO,vol.54 > MOVIE INFO
MOVIE INFO 絶叫級の豪華キャストで実写映画化!!『絶叫学級』  PAGE : 1/2 >

DD読者の皆さまも、かつて一度は手にした事があるであろう少女マンガ雑誌「りぼん」。その「りぼん」で今最も人気を集めているホラーコミックが、豪華キャストで実写映画化!
少女マンガと思ってあなどる事なかれ。本気で恐い、心理サスペンスホラーにご注目!!


今回の作品:『絶叫学級』

画像

「りぼん」(集英社)にて大人気連載中のコミック『絶叫学級』。
下半身のない幽霊の少女・黄泉(よみ)をストーリーテラーとして展開するオムニバス形式の物語は、いわゆる霊的な恐さだけではなく、“人間の内面の恐さ”にフィーチャーした作品が多く、少女マンガを卒業した大人の女性にもファンが拡大中!!

そんなわけあって、この度公開される実写映画『絶叫学級』では、川口春奈、山本美月、さらには栗原類という、大人も絶叫の豪華キャストが勢ぞろい!!

今回は5/23(木)に行われた、完成披露試写でのキャストインタビューを届けします。

―今回、人気原作コミックの作品のオファーがあったときの感想は?

画像

川口春奈: 大人気の原作コミックということで沢山の方がご覧になられているだけ一人一人感じることが違うので自分が演じてもいいのか少し不安でした。この作品はホラーだけど人間ドラマ性がとても強い作品なので、自分にとって新たなチャレンジが出来、とても貴重な経験をさせて頂きました。

―学園のヒロインでありながら、実は裏の顔を持ったリオを演じていますが、今回の役柄を演じるにあたりどのような気持ちで挑みましたか。

広瀬アリス: 腹黒アリスを全面に出していこうと思いました(笑)。
今回のような役が初めてだったので、楽しんでいけないと思いつつ、楽しんで演じました。目で無言のプレッシャーをかけるのはとても楽しかったです。

―加奈(川口)の親友・絵莉花(えりか)役は、とても真面目な女子高生という役どころでした。演じるにあたり、気をつけたことはありましたか。

松岡茉優: 加奈との友情、絵が好きという思いと、自分自身がお芝居が好きという気持ちを全面に出して演じました。また、川口さんがとても可愛くて、一番可愛い顔を一番いい角度で見れて、とても幸せでした(笑)。可愛い春奈ちゃん、ぜひ御覧ください!!

―今回映画初出演ということで撮影に入る前に心がけたこと、苦労したことはありますか。

栗原類: とても緊張しました。出演されている皆さんと比較し、素人レベルの自分が混ざっていいのかと思いましたが頑張りました。お芝居で苦労したのは、演技でウィンクをしたことです。ウィンクをしたことなかったので、広瀬さんに教えてもらいながら、ウィンクの練習をしました。

―今回「黄泉(よみ)」という幽霊の役でしたが、演じてみていかがでしたか。

山本美月: 私は2役を演じ分けなければいけなかったので、それがとても難しかったです。
また幽霊役は幽霊がどんな存在なのか、触れたことがないので、無機質な存在感を出すのがとても難しかったです。

―佐藤監督、映画へのこだわりは?

佐藤徹也監督: こだわりを持たないのがこだわりなのですが、自分は舞台演出出身なので今回このような若手注目俳優の皆さんに間違ったことを伝えてはならないという気持ちがとても強かったです。皆さんには、細やかな表情などをぜひ御覧頂きたいです。

次ページ>> キャストの絶叫エピソードとは…?!

PAGE : 1 2

「dyson」 へのリンク
「SK2」 へのリンク
pairsバナー
究色タイツ特設サイト バナー
はじめようヨガライフ バナー