Home > 特集,vol.54 > 特集 DD独占インタビュー
特集 DD独占インタビュー 河村隆一 僕にとっての"癒し"と"美しい女性"  PAGE : 1/3 >

舞台『銀河英雄伝説 第三章 内乱』で、頭脳明晰な戦略家ヤン・ウェンリーを演じる河村隆一さん。アーティスト・俳優としてワールドワイドに活躍する隆一さんの、ステージ裏の素顔とは?
リハーサル後の舞台裏で、お話をうかがいました。

画像
画像

―舞台『銀河英雄伝説』シリーズ7作目となる、今回の舞台のみどころとは?

銀河帝国の方では、間宮祥太朗くん演じるラインハルトが、いよいよ力をもって統治するという段階なんですが、僕の演じるヤン・ウェンリー率いる自由惑星同盟は、前作から変わらず政治家と軍部の間でギクシャクしたムードがあって、ヤン・ウェンリーは特に後手にまわっているという状況から始まります。

ヤンの台詞で、「戦略面では絶対勝てない。戦術面でなんとか負けないようにするしかない」という言葉があるんですが、すごく覇気のある帝国と、ちょっとなまぬるい同盟の関係値をよく表していると思います。
それでもお互いが目指しているものは、「市民の為の平和」という共通のものなんですよね。戦争ものではありますが、戦いをなくすために戦っている。戦争を通して、強く平和を訴えた作品です。

―河村さんから見てヤン・ウェンリーとはどんなキャラクターでしょうか?

歴史をすごく研究していて、過去の歴史の中にある戦いとか、人間はどういうときにどういう心理で動くのか…ということを、すごく知っている方なんですよね。
実際は猛将という部分は凄く少ないと思うんですが、その場に当てはまったときに敵の心の裏を突いて、最低限の血の量でなんとか戦いに勝つというか、負けないようにする。そういう天才だと思います。
一方ではやっぱり永遠の平和はないとわかっているのですが、ユリアンや、周りの次の世代の人たちのために、たとえ20年、30年という限定的な平和であったとしても、その平和をたぐり寄せたいと思っている人物なんですよね。

―何が起きても冷静で頭脳明晰で…というイメージが隆一さんとも似ていると感じたのですが?

僕は全然そんなことはないですよ!(笑)
ただ、僕もやはりカッとなるのは一番よくないことだ思っているので、小さな身内同士のことだったらときどき怒ったりもしますけど、対外的な部分で衝突するようなときは、出来るだけ冷静になって、どうしたらお互いにわかりあえるのかっていうことを考えるようにしてますね。
年齢が40代になったので、長い間こういうお仕事をさせていただいてる結果かなと思うんですが。




次のページへ


PAGE : 1 2 3

pairsバナー
究色タイツ特設サイト バナー
はじめようヨガライフ バナー