Home > EVENT INFO > EVENT INFO
EVENT INFO 舞台『3150万秒と、少し』公演レポート!
DDvol.51号特集で登場して頂いた、相葉裕樹さんと小澤亮太さんのW主演舞台、
『3150万秒と、少し』を公演直前レポート!!

画像

クラス旅行で起こった事故で
生き残ってしまった2人。
彼らは、悲しみに打ち克つためにある約束をした。
「1年後、岬で一緒に死のうーーー」
1年=3150万秒と少し。
その時間を、17歳の彼らが駆け抜ける!



「生きる」とは何か。「偶然」と「必然」、「心」と「心」の紡いだ物語。

画像

クラスのスキー旅行で雪崩に巻き込まれたが、偶然にも生き残ってしまった直人(小澤亮太)と悠也(相葉裕樹)。 まだ17歳であった2人にとって、友人達や先生の死を目の当たりにするというのはどれほど辛く苦しい出来事だろうか。
「生きててよかった」と周りから言われれば言われるほど2人の心は傷ついて行き、 悲しみに押しつぶされそうになる直人と全てを拒絶する悠也。
直人と悠也、そして2人を取り囲む人々のそれぞれの思いが交錯する。

画像

普段は口もきいたことがなかったような、性格も育ちも違う2人の高校生が、 もがきながら、支えあいながら、いろいろな人と関わりあいながら成長して行く物語。
そして、この物語のなかでキーワードとなっている、やりたいことを書きなぐった「リスト」 これには悠也の深い想いが込められていた。
悩みもがく高校生、取り囲む人々、それぞれの苦悩を全身全霊で演じているキャスト達に注目して頂きたい。
観ている人の年齢、立場、考えによって、自分に近いキャラクターにそれぞれ感情移入しながら観ることができ、 観ている自分自身も「自分の生きる意味」を考えさせられる、深い物語であった。

すべてのリストをクリアした2人の導き出す決断は…? 是非、劇場でご覧下さい!


『3150万秒と、少し』 イベント画像

公演期間(東京):2013年2月15日(金)~2月24日(日)
 会場:天王洲 銀河劇場

公演期間(大阪):2013年2月27日(水) 14:00開演/18:30開演
 会場:梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

原案:ラルフ・ブラウン
脚本・演出:藤井清美
キャスト:相葉裕樹 小澤亮太・美山加恋
青柳塁斗 タモト清嵐 佐藤永典 小原春香 酒井瞳(アイドリング!!!)
池田光咲 秋元龍太朗 柳原聖(カルマライン)・西原亜希
津田健次郎 斉藤レイ 小林美江 八十田勇一

舞台『3150万秒と、少し』オフィシャルサイト>>http://3150-sukoshi.net/


DD vol.51 相葉裕樹さんと小澤亮太さん独占インタビュー記事はこちら!
相葉裕樹×小澤亮太 ホンネのBoys Talk
画像

「SK2」 へのリンク
究色タイツ特設サイト バナー
はじめようヨガライフ バナー