Home > 特集,vol.49 > 特集 DD独占インタビュー
特集 DD独占インタビュー 徳山秀典、語る。―モテる女の作法とは?―  PAGE : 1/4 >
撮影:三宅英文/衣装協力:VILLAGE(tel03-3405-8528) 撮影:三宅英文/衣装協力:VILLAGE(tel03-3405-8528)

主演映画『パーティは銭湯からはじまる』の公開を来月に控え、映画にドラマに舞台に大活躍中の俳優・徳山秀典さん。そんな人気急上昇中の徳山さんに、映画の見どころや演技について、女子必見の「合コン必勝法」について、好きなタイプの女性像について、じっくりと語って頂きました!!
クールなイメージとは対照的な、穏やかで気さくな徳山さんの素顔に迫ります!

プロフィール画像
プロフィール画像

徳山秀典

 とくやま ひでのり


1982年1月30日生まれ、東京都出身。
子役としてデビュー後、役者、ミュージシャン
として数々の作品を発表し続けている。

徳山秀典オフィシャルブログ
 >> http://ameblo.jp/hide-tokuyama/


「映画の見どころ」語る。

―主演映画『パーティは銭湯からはじまる』の見どころを教えて下さい。

徳山秀典(以下徳山) この映画はフラッと観に行ったら、その日1日中ハッピーになれるようなバカで笑える映画だと思うので、何も考えずに「こんなバカな映画があるんだな」って、笑って観て頂ければ良いなと思いますね。たくさんの人に観て頂きたいです!

―徳山さんはヒーローのイメージが強かったので「コメディもやるんだ!」 ってビックリしました。コメディ映画はよく見られるんですか?

徳山 はい!コメディ大好きなんですよ!昔からエディー・マーフィーとか大好きでした。

―今回、本格的なコメディに初挑戦されたということですが、 演じる上で難しかった点などはありましたか?

徳山 いえ、むしろとても楽しかったです!コメディってやりすぎてるくらいが丁度良いんですよ。演じる上でも真面目になりたくなかったし、コメディ映画なので思いっ切りはっちゃけました!

―思い切った方が面白いのかも知れないですね。

徳山 そうなんです。お客さんが何を見たいのかなって考えた時、きっとアホが見たいんじゃないかなって思ったんですよ。映画のストーリー自体はすごくしっかり作られていたので、だったら思い切りアホを演じてやろうって思いましたね(笑)   

―同じ30歳の男性という目線で見て、徳山さんの演じた「花島」はどんな人物ですか?

徳山 うーん、僕は結構好きですけどね!僕も全然ダメなおっさんなので…(笑)僕は家で何にもしない怠け者なので、むしろ花島の方がしっかりしていると思います。僕なんてもう、仕事してなかったら本当にダメ。プライベートでは寝てばっかりです。寝て…酒飲んで…寝て、夢の中で生きています(笑)    

次のページへ


PAGE : 1 2 3 4

pairsバナー
究色タイツ特設サイト バナー
はじめようヨガライフ バナー