Home > おんがくのもり,vol.46 > おんがくのもり vol.35
おんがくのもり vol.35 気分を上げたいときはこれ!!女の子に効く1曲  PAGE : 1/3 >

ソロボーカリストとして活躍する一方、雑誌『小悪魔ageha』のモデルとしても活動していたという、一風変わった経歴を持つ白石乃梨。彼女を中心としたダンス&ボーカルグループCaos Caos Caos(カオス カオス カオス)がこの夏届けてくれる新曲は、強気でセクシーでガールズパワー炸裂のダンスチューン!!
落ち込んだ気分もハイにさせてくれる、曲の聴きどころを白石乃梨さんにじっくりとうかがいました!

―気分を上げる!呪文のようにくりかえされるサビ?!


画像1

―今回の新曲『Let’s stand up』は、すごくストレートな思いを伝えている曲だと感じました!

白石乃梨(以下 S) 歌詞は本当にストレートですよね。今回初めてトータルプロデュースということで、曲・詞・音、全部自分で作らせていただいたんですけど、何も考えずにやりたいように書きました。

―聴きどころを教えてください。

S  サビがループしているところかな。下らないくらい(笑)

―確かにサビが耳から離れなくなりますよね!この曲に出てくる女の人の恋愛観って、怖いくらいにストレートだと思うんですけど、ご本人の恋愛観が反映されていたり?

S 曲や歌詞を作る時って、自分が今まで見てきたものや感じてきたものがベースになって、そこから周りの意見や、自分が見た映画だとか音楽、本など、インスピレーションを受けたものから出来ているので、実際の恋愛観よりも含まれまくりだとは思います(笑)

―聴きどころとしてはこのサビのループ感ということですか?

S うん、そうですね。すごく耳に付くような音と、あとはハイテンションになるような音楽。最初につぶやきが入っているんですけど、英語にしようか日本語にしようか色々迷ったんです。でも分かりやすいように日本語にしました。そういうところとか、すごく面白い作品になったんじゃないかなって思います。

―特におすすめしたい「聴き方」はありますか?いつ聴いて欲しいとか…。

S いつでも(笑)!音もすごく凝ってアレンジして下さっていたり、こだわりを持って何度も何度も編集して、本当に色々チャレンジした曲だから、音の部分、歌詞の部分、声の部分、いろんなところに注目して聴いていただくと、面白さが伝わるんじゃないかな。

―確かに、聴きこんでいくと最初は気付かなかった音や良さに気付く曲だと思いました。

S 凝っているので、飽きにくいと思います。だって私が飽きてないから(笑)

―ちなみに曲のイメージ、テーマを一言で伝えるなら?

S 「カオス・カオス・カオス」です。混沌ですね。無秩序。

―PVを見ると、以前の曲も含めて「かっこいい」というイメージだと思うんですけど、今回の曲の見どころはどういうところですか?

S 今回は本当に、世界観を表現したいように作りたかったので、この曲の葛藤だとか、そういう部分の熱いソウルを檻のシーンで表現しています。もちろんダンスをベースにやっているグループなので、私もダンスで表現したいと思っている部分はあるし、檻のシーンでは表情で表現していて、決まりなんて何もなかったんです。フィーリングでできた動きと表情なので。

―振付もメンバーで決めているんですか?

S ダンサーさんと出ているシーンは、振付を何度もリハーサルして合わせて、歌詞の動きに合わせて振付をして撮ったんですけど、檻のシーンや私のソロのシーンは、その当日のインスピレーションで、感じたままの動きになっています。檻のシーンはやっぱり一番見ていただきたいかな。私も普段と違う音楽の中で表現したい「白石乃梨」の顔になっていると思うので。

PAGE : 1 2 3

pairsバナー
究色タイツ特設サイト バナー
はじめようヨガライフ バナー