Home > 森絵里香のBOOK EXPRESSE,vol.44 > 森絵里香のBOOK EXPRESS vol.24
森絵里香のBOOK EXPRESS vol.24 怖いけど、せつない百物語『あんじゅう』、『おそろし』  PAGE : 1/2 >

本好きでも知られる森絵里香。今月のオススメ本はこちら!!!

『怖いけど、せつない百物語』

『あんじゅう』カバー画像
『あんじゅう』
著者/宮部 みゆき│新人物往来社│¥950(税込)
ERIKA’s DATA
怖い度      ★★★★★
せつない度    ★★★★★
悲しい度     ★★★★☆
前向きになれる度 ★★★★★
『おそろし』 カバー画像
『おそろし』
著者/宮部 みゆき│新人物往来社│¥900(税込)

今回ご紹介するのは、宮部みゆきさんの『おそろし』と『あんじゅう』です。

こちらは三島屋変調百物語シリーズの事始・事続です。宮部みゆきさんは大好きな作家さんの1人。
特に好きなのが宮部さんの時代物で!!そしてホラー!!
だから今回のこの『おそろし』と『あんじゅう』はたまらなく私のツボなんです❤

話は少女おちかが実家を離れ、江戸の叔父の家に来たところから始まります。
心に傷を持っている少女は、ひょんなことから叔父の知人の心の闇を聞く事になります。
傷を抱える自分だからこそこの話を聞けたと思った少女は、叔父の思いつきもあって色々な人の心の闇を聞く、ヘンテコな百物語を始めます。 変調百物語の始まりです。

幽霊話はゾッとする程怖いけれど、それ以上に怖いのが人の心。それは何時の時代も変わりません。けれどテンポの良い江戸時代の語り口調は、そんな恐怖も和ませてしまうような不思議な力があります。

怖いような悲しいような、不思議な百物語。
それを聞くうちに、始めはただただ怯えて悲しんでばかりのおちかが少しづつ強くなっていく姿は、読んでいて頼もしさを感じます。まるで自分も一緒に成長出来たような感覚です。

そう、おちかは成長していくのです。色んな人の悲しみを背負って、まだ癒える事ない自分の傷も背負って、おちかは誰も知らないところで、どんどん強い女性になっていくのです。

恐ろしい百物語と少女の成長、様々な要素が入ったこの物語をただのホラーでくくる事は出来ません!
ホラーが好きな人、時代ものが好きか人、どちらも好きな人苦手な人…色んな人に読んでもらいたい一冊です。

by 森絵里香

『あんじゅう』『おそろし』について森絵里香さんに質問≫

PAGE : 1 2

「dyson」 へのリンク
「SK2」 へのリンク
pairsバナー
究色タイツ特設サイト バナー
はじめようヨガライフ バナー