Home > 森絵里香のBOOK EXPRESSE,vol.43 > 森絵里香のBOOK EXPRESS vol.23
森絵里香のBOOK EXPRESS vol.23 『ミレニアム』  PAGE : 1/2 >

本好きでも知られる森絵里香。今月のオススメ本はこちら!!!

『引き込まれる世界観、強烈なキャラクター、あなたもミレニアムワールドを堪能してください!!』

『ミレニアム 1 ドラゴン・タトゥーの女 (上)(下)』 カバー画像
『ミレニアム 1 ドラゴン・タトゥーの女 (上)(下)
著者/スティーグ・ラーソン│ハヤカワ文庫│¥840(税込)
ERIKA’s DATA
引き込まれる度  ★★★★★
一気読み度    ★★★★★
怒り度      ★★★★★
興奮度      ★★★★☆
『ミレニアム 2 火と戯れる女 (上)(下)』 カバー画像
『ミレニアム 2 火と戯れる女 (上)(下)
著者/スティーグ・ラーソン│ハヤカワ文庫│¥924(税込)
『ミレニアム 3 眠れる女と狂卓の騎士 (上)(下)』 カバー画像
『ミレニアム 3 眠れる女と狂卓の騎士 (上)(下)
著者/スティーグ・ラーソン│ハヤカワ文庫│¥945(税込)

今回ご紹介するのは、今年日本でもハリウッド映画「ドラゴンタトゥーの女」が上映された事で注目を集めた、「ミレニアム」全三部作です。
実は私もこの映画きっかけで本書を手にとったのですが、本書自体は日本でも何年も前に刊行されていたので、ご存知の方も多いかもしれません。

この「ミレニアム」は、「ミレニアム 1 ドラゴンタトゥーの女」「ミレニアム 2 火と戯れる女」「ミレニアム 3 眠れる女と狂卓の騎士」の三部作で構成されています。

主な登場人物は、ジャーナリストのミカエルと、背中にドラゴンのタトゥーを入れた女性リスベット。このリスベットこそ、私がミレニアムにハマった1番の理由と言っていい程、忘れられないくらい強烈なキャラクターなのです!!
彼女の謎、能力、過去、全てに目が離せなくなります。
そして、暴力的で残酷なシーンが多く、特に女性からしたら苦しく、悔しくなる様な場面も多く出てきますが、それでも読むのをやめられなくなる魅力が、ミレニアムにはあります。
ミステリーというジャンルだけには縛られない、様々な要素を持ったミレニアム。
一度読み始めたら、途中で抜け出せなくなるのは必至です!

本中毒…いや、ミレニアム中毒になりたくない方は、手にとらない事をオススメします(笑)

by 森絵里香

『ミレニアム』について森絵里香さんに質問≫

PAGE : 1 2

pairsバナー
究色タイツ特設サイト バナー
はじめようヨガライフ バナー