Home > MOVIE INFO,vol.41 > MOVIE INFO
MOVIE INFO “相棒”から“お父さん”へ

2007年に朝日新聞紙上に連載され、好評を博した荻原浩の『愛しの座敷わらし』(朝日文庫刊)。第139回直木賞候補にも選出された同作品を、人気シリーズ「相棒」の主演&スタッフが真心を込めて映画化!
東北地方ゆかりの「座敷わらし伝承」を絡めながら、どこにでもあるサラリーマン一家の再生をユーモラスかつ感動的に描いた、極上の家族映画の誕生です。こちらの特別先行試写会にDD読者のみなさまを10組20名様ご招待します。


今回の作品:『HOME 愛しの座敷わらし』

父・晃一の転勤で、東京から岩手の田舎町へと引っ越してきた高橋一家。
晃一がよかれと思って選んだ新しい住まいは、なんと築200年を数える古民家だった!

東京での暮らしに馴れていた妻の史子(安田成美)は突然の田舎暮らしに不安と不満でいっぱい。老人ばかりの近所付き合いにも乗り切れない。中学2年の長女・梓美(橋本愛)にも古民家はただのボロ屋にしか見えず、転校先の学校生活を考えると心が落ち着かない。転校前の学園生活でも人間関係で悩んでばかりだったからだ。また、同居する晃一の母親・澄代(草笛光子)は田舎住まいには支障を語らないものの、最近、認知症の症状が始まりつつある様子。唯一、古民家への転居を楽しんでいる小学4年の長男・智也(濱田龍臣)は、治りかけている喘息の持病を今も史子にひどく心配され、サッカーをやりたくてもやれずにいる。五者五様、どこかぎくしゃくしている一家をやんわりとまとめたい晃一だったが、家族の不平不満をなかなかうまく解消することはできず、異動先の支社でも馴れない営業職に悪戦苦闘の毎日だった。

そんなある日、不思議な出来事が高橋家に起こり始める。誰もいない場所で物音が聞こえたかと思えば、囲炉裏の自在鉤が勝手に動いたり、掃除機のコンセントがふいに抜けたり、手鏡に見知らぬ着物姿の子どもが映ったり。どうやらこの家には東北地方の民間伝承で有名な“座敷わらし”が住んでいる!?
一風変わった同居人と高橋一家の不思議な共同生活。どうなる高橋家!?

『HOME 愛しの座敷わらし』

公開:2012年4月28日(土)G.W.全国公開
原作:荻原 浩「愛しの座敷わらし」(朝日文庫刊)
監督:和泉聖治
脚本:金子成人
出演:
水谷 豊 安田成美 濱田龍臣 橋本 愛 草笛光子
音楽:池 頼広
(C)2012「HOME 愛しの座敷わらし」製作委員会

オフィシャルサイト>> http://www.warashi.jp/



『HOME 愛しの座敷わらし』試写会プレゼント☆

4月12日(木)に行われる『HOME 愛しの座敷わらし』試写会に、DDをご覧の皆様をご招待!
応募はDDFacebookページより行なって下さい>>

その場で結果がわかります!!

プレゼント内容

・『HOME 愛しの座敷わらし』試写会プレゼント×10組20名様

キャンペーン期間

2012年3月23日(金)~2012年3月30日(金)19:00まで

応募方法

今回のキャンペーンは携帯電話からの応募ができなくなっております(スマートフォンは可)ご了承ください。
尚、Facebookアカウントをお持ちでない方は、http://www.facebook.com/より新規登録をお願い致します。

1.Facebookにログインし、DDFacebookページの“いいね!”をクリックしてください♪

2.サイドメニューの【スピードくじ】をクリックし、抽選をおこなってください。

3.その場で結果がわかりますので、ご当選された方にはDD編集部より追ってご連絡をさせていただきます♪

試写会詳細

・日時:4月12日(木)18:10開場/18:30開映
・場所:丸の内TOEI 1
 (〒104-8108 東京都中央区銀座3-2-17)
http://theaters.toei.co.jp/theaters/marunouchi1/


みなさまのご応募をお待ちしております☆


「dyson」 へのリンク
「SK2」 へのリンク
pairsバナー
究色タイツ特設サイト バナー
はじめようヨガライフ バナー