Home > 特集,vol.40 > 特集 Tommy独占インタビュー
特集 Tommy独占インタビュー 夢のコラボ、遂に実現!!  PAGE : 1/3 >


Tommyソロプロジェクト10周年を飾るに相応しい夢のコラボが遂に実現!“FEBRUARY & HEAVENLY”
2月29日にプロジェクト史上初の同時クレジットアルバムをリリースするTommyに、DDが独占インタビューを敢行!アルバムの聴きどころからマル秘制作秘話まで、ここでしか読めない“Tommyワールド”をどうぞご堪能ください!


Tommy(川瀬智子)
1995年結成、1997年メジャーデビューしたバンド「the brilliant green」のボーカリスト。涙腺を震わすせつなくもロマンティックな歌声。情緒あふれる美しい詞世界。頭を離れないくせになる独特なメロディー。厚く、重く、しかしキラキラと心地良いサウンドメイク。その唯一無比な音楽観で圧倒的な支持を集める。 2002年から開始された川瀬智子ソロプロジェクト「Tommy february⁶ 」 「Tommy heavenly⁶ 」では圧倒的なカリスマ性で人気を集めている。
2011年10月26日リリースのシングル「monochrome rainbow」で、Tommy heavenly6として約3年振りに再始動。2012年2月29日アルバム「FEBRUARY & HEAVENLY」のリリースにて「Tommy february6」の活動も本格的に再始動。

オフィシャルブログ>>http://fashionjp.net/soen/blog/tommy/
オフィシャルツイッター>> http://twitter.com/#!/TOMMY_ARMY



画像

―今回初めてTommy february6(以後、フェブラリー)とTommy heavenly6(以後、ヘブンリー)の“コラボ”が実現しました。ファンにとってはまさにプレミアムなアルバムだと思うのですが、今回の企画実現に至った経緯などをお聞かせいただけますか?

Tommy 昨年、フェブラリーの10周年のタイミングだったこともあり、フェブラリーのフルアルバムを企画してたんですけど、へブンリーの方でモード学園さんのCM曲『I’M YOUR DEVIL』や、アニメ『バクマン。』のタイアップ曲に『monochrome rainbow』が決まったことで、「1枚のアルバム作品の中にフェブラリーとヘヴンリーの楽曲を、共存させて発表しよう」という発想に繋がった感じですかね。

―そのムードにトミーさんが流されちゃったんですか!?

Tommy 今までなら当然「ヘヴンリーのフルアルバムに切り替えましょう」という流れになっていたと思うんですけど、フェブラリーで制作を進めていたこともあって、また1から振り出しに戻るには発売時期の見直しなんかも必要になってきたり、リミット的に厳しい状況だったのはあります。
ただ、そもそもフェブラリーとヘブンリーは“光と影”の関係性であり、ソロプロジェクト自体、二面性がコンセプトだし、ふたつのキャラクターが共存してこそ、ひとつのプロジェクトだということを考えると、無意識的にしろ、実は求めていた形というか、正解なのかなって。

―ミニアルバムをそれぞれで、という事は考えなかったんですか?

Tommy 音楽性だけを主体に考えるとそういうアイディアもあったんですけど、ふたつのキャラクターでひとつのプロジェクトだということを強調できるいい機会かなと。

コンセプトは同一人物感! >>



PAGE : 1 2 3

pairsバナー
究色タイツ特設サイト バナー
はじめようヨガライフ バナー