Home > vol.33,真夏のホラー企画 > 真夏のホラー企画Vol.1
真夏のホラー企画Vol.1 夏休みマイナスパワースポット紀行  PAGE : 1/2 >

いよいよ夏本番。
家も外も蒸し暑くて、どうにも居場所がない…そんな日には、思い切ってホラーでちょっぴりヒンヤリ気分を味わってみては!?

DD「真夏のホラー企画」第一弾では、現役の和尚さんが監修をつとめる話題のサイト、
『見てはいけない.COM』の中から厳選した、日本各地に点在する『マイナスパワースポット』をご紹介いたします。


SPOT.1

スポット1 画像

『笠間城跡トンネル』

所在地:茨城県笠間市
怪奇現象:女の霊
マイナスパワー度 ★★★

この先には井戸があり、女が井戸に投げ込まれ置き去りにされ亡くなったという。
井戸を覗くと女性の顔が映るといわれ、映画「リング」の貞子のモデルになったともいわれているが裏付けはない。
他にも、女の幽霊が井戸に立ち、来た人を睨みつけているという話もある。
車でここを通ると子供のような手形がつくとも言われている。

子供は好きですけど、この甘えられ方はご遠慮したいかも…。
ちょっと勇気の出ない人は井戸まで行かず、車で通り過ぎるぐらいにしておきましょう。


SPOT.2

スポット2 画像

『マルイ病院』

所在地:大阪府泉南市
怪奇現象:看護師の霊
マイナスパワー度 ★★★★

その昔、この病院で手術をしたら必ず死んでしまう、という噂が流れていた。
廃墟になったにも関わらず廊下を看護師らしき人が歩いていたり、手術室のライトがついたり「手術中」のランプがついたりするとか。
中に入ってカルテを持ち出した人がいたそうだがその晩に「カルテを返してください…」と電話が掛かってきたらしい…。

つぶれた病院って聞いただけで、もう背筋がヒンヤリですよね…。
みなさん、くれぐれもそこにある物を持って帰ったりしちゃダメですよ!


SPOT.3

スポット3 画像

『西海橋』

所在地:長崎県佐世保市
怪奇現象:自殺者の霊
マイナスパワー度 ★★★

完成翌年には自殺の名所として新聞に書かれるようになった場所。
貧しくて赤ちゃんを育てきれない夫婦が西海橋から自分たちの赤ちゃんを捨て、その赤ちゃんの泣き声が夜になると聞こえてくるらしい。
他にも、橋の上でびしょ濡れになった女性の幽霊を見た、橋のたもとを親子ずれの幽霊が横切ったなど目撃、体験談は多数あるらしい。大きな渦潮に飛び込んだら二度と遺体はあがる事はない。自殺者の霊が多く危険な場所だという。

ここ、編集部の子の実家からすぐ近くなんだそうです。
その子「もうクーラーはいらないです…」だって♪


次ページ、マイナスパワー度最高のスポットが!!>>

PAGE : 1 2

「SK2」 へのリンク
究色タイツ特設サイト バナー
はじめようヨガライフ バナー